勤怠管理に活躍!タイムレコーダー

現代の勤怠管理にはタイムレコーダー

勤怠管理を正しく行えるようにするために活躍するアイテムがタイムレコーダーです。古くは勤怠管理は出勤簿への手での記入によって行われていましたが、正確性にも欠けていて手間もかかるという問題がありました。現代でも未だに古くからの慣習を踏襲して出勤簿により勤怠管理を行っている企業や団体はよくあります。しかし、タイムレコーダーを利用すると無駄を減らして正確な記録を実現できるというメリットがあるので積極的な導入を検討しましょう。
タイムレコーダーにも種類があるので現場に合ったものを選ぶのが大切です。タイムレコーダーによる勤怠管理の重要性が知られるようになった影響で種類も増え続けているので、思い立ったときには最新情報を確認しましょう。

タイムレコーダーの進化

タイムレコーダーとして以前からよく用いられているのがタイムカード式のものです。出社時と退社時にリーダーにタイムカードを通すと時刻が記入されるという仕組みになっています。そのタイムカードを毎月集めて集計を行うことで勤怠管理を正確に行うというのが基本でした。しかし、これは集計の手間がかかるという問題があり、それを解決するタイムレコーダーが増えてきています。
タイムカード式を採用しているものでもカード上に記録するのではなくデータとして直接集計できるようにしたシステムがあってよく広まっています。さらには建物の入口のカードキーと連動させたり、仕事に使うパソコンへのログインで認証をしたり、生体認証を採用したりして効率的に記録ができるシステムも登場し、事情に応じて選べるようになっているのが現状です。