タイムレコーダーを利用した勤怠管理方法

記録方式が進化しています

昔ながらのタイムカードでは、打刻を誰かに頼んでしまうことが出来たので、不正行為が横行していることが珍しくありませんでした。給与計算の単位時間が到達する数分前からタイムカードを押し待ちする行列が出来ている光景を見たことがある人もいるでしょう。
タイムレコーダーであれば、個人IDカードや識別番号と暗証番号により、本人以外の打刻を防ぐことが出来ます。1分単位で集計することも可能となったので、単位時間ロスを計算する必要が無くなりタイムレコーダー打刻待ちによる給与獲得不正が行われることはなくなります。労働時間を細かく管理出来るので、労働時間の切り捨てが無くなり使用者と労働者双方にとってタイムレコーダー導入はメリットが多いのです。

集計作業が自動計算可能で経費節減効果があります

タイムレコーダーを導入することで、従来は総務担当による手作業での勤怠管理を行なう必要が無くなりました。エラー発生時のみ修正を行なえば良いので、総務担当の仕事量を削減出来ます。実際の給与計算もタイムレコーダーの打刻時間を基にして自動計算されるので、経理担当の負担も少なくなります。
タイムレコーダーの情報は、クラウドサービスと連動したシステムが登場しており、社内サーバーに大切な勤怠データを保管しておく必要がありません。安全性を重視した運用を行えるメリットがあります。スマートフォンや携帯電話と連動したサービスを提供しているタイムレコーダーを導入すれば、位置情報と共に打刻出来るので営業担当者の勤怠管理にも応用出来るシステムとして注目されています。