注意点を解説!タイムレコーダーの勤怠管理

社内システムを用いるタイムレコーダーの注意点

勤怠管理に有用なツールとしてタイムレコーダーの利用が広まっています。正確な時刻を記録して正しい勤怠管理が行えるのはメリットですが、タイムレコーダーを利用するときには注意点もあるので気をつけましょう。
社内システムを導入して業務効率化を行う流れの中でしばしばタイムレコーダーを用いる勤怠管理システムが導入されています。自社サーバーを利用しているときには、サーバーダウンが起こってしまった時点で記録が残せなくなるので注意が必要です。伝統的な出勤簿とは異なり、電気も必要になるので停電にも弱いのが事実です。精密機器なのでトラブルはいつでも起こり得ると考えて、トラブル発生時でも勤怠管理を行えるように用意をしておくことが欠かせません。

導入コストの高さと解決策

タイムレコーダーによる勤怠管理の問題点として導入コストが高くなりがちなのも注意が必要でしょう。企業として規模が大きいほどその状況は顕著であり、タイムレコーダーを多数用意しなければならなくなるのです。しかし、解決策は次々に提示されてきているので選び方次第で解決できるでしょう。
サーバーダウンに関する問題はクラウドを利用するシステムを導入すれば問題ありません。複数のサーバーで管理している業者を選べばリスクは大幅に低減されます。一方、タイムレコーダー本体の数の問題については認証システムをパソコンなどの端末からのアクセスとしたり、建物や部屋などのカードキー認証と同時に行ったりすればコストを削減できるのです。