勤怠管理にタイムレコーダーを取り入れてみよう!

具体的な勤怠がチェック出来る

これまで従業員の労働時間の管理を手作業で行ってきた企業はタイムレコーダーを導入してみましょう。
タイムレコーダーはタイムカードをさすだけで従業員の勤務時間が記録できます。いつ勤務を開始していつ退社したのかをデータ化できますので、分単位での給与計算が可能です。勤怠管理の情報は表計算ソフトなどに出力して、そのまま保管して置けるので、従業員の出社記録として残しておくことも可能です。タイムレコーダーにはいろいろな種類があり、タイムレコーダーのみの機能を持っているものから、クラウド上でデータのやり取りが可能なものに、社内システムに組み込むことが出来るものがありますから、好きなタイムレコーダーを導入して業務効率化していきましょう。

給与計算をしてくれる製品もある

タイムレコーダーには社員の給与計算を自動的にしてくれる機能を持っているものもあります。
こうした便利な機能をうまく使うことで給与計算を自動化でき、経理の人員にかける仕事も削減することが可能です。給与の計算記録については、税務署に提出する書類をまとめるためにも必要ですから、いつまでも保管しておけます。社員の昇給などがあった場合にはその情報を新しく登録しておけるので、昇進や配置換えなどで給与体系が変わった場合でも安心です。タイムレコーダーを導入するなら機能にこだわって選んでみましょう。事業所が多い場合には社内システムと一体化させられるレコーダーを選ぶことで、社内全体の業務を一元化していけるので便利です。